龍雲院瑠璃光殿、山門落慶法要

平成21年11月8日 瑠璃光殿、山門落慶法要

 龍雲院では、平成21年11月8日に瑠璃光殿、山門の落慶法要を行いました。 東海市の行う、太田川駅周辺土地区画整理事業により、龍雲院境内の形状が大きく変わることにより、 龍雲院墓地の全区画移転、瑠璃光殿、山門の再建、外塀の改築等を平成18年から行って参りました。 龍雲院檀信徒の皆様等のご協力、また総代様を初めとする墓地改葬委員会の皆様のご尽力により完成をすることができました。 ありがとうございました。

     山門開扉

     山門開扉

 住職が新しくなった山門の前にて香をたき、香語を唱え初めて山門を開く法要を行いました。

 

梅花

     龍雲院梅花講先導に

 続いて、龍雲院梅花講の皆様が稚児行列を先導して、新しくなった山門を入っていきます。

稚児行列

     稚児行列

 その後から稚児行列が山門んから次々と境内へ入っていきます。お稚児さんは、400人の参加者で隣の大田公民館からの出発でしたが、蟹田交差点から太田川駅方面へ大回りをして山門へ到着しました。親御さんを入れると総勢1300人程の行列ができ、落慶法要を賑やかにしていただくことができました。

落慶法要

     瑠璃光殿落慶法要

 瑠璃光殿前にて落慶法要が行われました。来賓には、東海市長を始め、中心街整備事業の東海市担当者、工事施工業者、壇信徒役員の皆様、そして龍雲院壇信徒の皆様の御参列を頂きました。皆様の御協力があっての落慶法要であります。本当にありがとうございました。

祈祷

     薬師如来祈祷法要

 新築された瑠璃光殿では、大般若祈祷法要が行われ参列された皆様の福寿無量、所願成就、無病息災をお祈りいたしました。


     瑠璃光殿前の賑わい

 瑠璃光殿正面からは、善の綱が張られ市内を引き回されています。瑠璃光殿の中では、祈祷法要が行われています。毎年11月8日には、薬師如来祈祷法要が厳修されます。御祈祷は壇信徒だけでなく、どなたでも御参列いただけます。